東京2020オリンピック・パラリンピック

1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念
「舛添知事と語ろう!in小金井」に参加しました


平成26年10月20日

平成26年10月20日(月)小金井市民交流センターにて開催された「舛添知事と語ろう!in小金井」に参加しました。大崎会長、大熊副会長、中村副会長、前田副会長、大浦副会長をはじめ、新宿区町会連合会から44名もの参加をいただきました。

東京都では、2020年の東京五輪に向けた気運の醸成と、来日した外国人が安心して滞在できる環境を整備することを目的として、外国語による語学ボランティアの育成を予定しています。今回のイベントは第1弾目ということで、外国人の「おもてなし」について、多彩なコーディネーターを迎え舛添知事とディスカッションを行うという主旨のものでした。


新宿区町会連合会参加者の皆様

来場されていた秋山副知事と

ディスカッションでは、フリーアナウンサーの久保純子さんがコーディネーター役を務め、舛添都知事と稲葉孝彦小金井市長が登壇した他、コメンテーターとして、スポーツキャスターの大林素子さん、日本サッカー協会理事・サッカー解説者の北澤豪さん、通訳ボランティア団体「東京SGGクラブ」会長の石関文昭さん、NHKEテレ「トラッドジャパン」講師の江口裕之さんの4名も参加され、自身の経験に基づいた外国人へのおもてなしや意気込みを語っていただきました。

会場には550名もの参加者が来場し、来日した外国人が困ってしまった事例の紹介や道案内や飲食店での注文など、外国人が日本で遭遇した体験を再現した寸劇が行われ、誰もが経験したことのあるやりとりに、会場では時折笑いが起こっていました。舛添知事からは「困っている人を見かけたら、ブロークンイングリッシュでもジェスチャーでもなんでもいいので、自分から相手へ話かけて欲しい。心のバリアフリーが本当の“おもてなし"になるのだと思う。」と語学ボランティアへの積極的な参加を呼び掛けていました。


多彩なコーディネーターとのディスカッション

語学ボランティアへの積極的な参加を呼び掛ける舛添知事

●東京2020オリンピック・パラリンピック記事一覧はこちら

閉じる