ニュースリリース

榎町地区町連が「東京防災隣組」に認定


平成24年4月15日

「東京防災隣組」は、首都直下地震などの大規模災害に備えて、地域防災力の向上と、大都市東京ならではの共助の仕組みづくりを進めるため、東京都が認定するものです。

4月15日に認定式が行われ、第1回認定団体(36団体)として、榎町地区町会連合会が認定されました。

同連合会は、えのき「結」フェスタや、えのき防災環境フェスタなど、防災がテーマのイベントを開催し、地域の皆さんへの防災意識の啓発を進めてきました。また、地域の避難所全てで毎年防災訓練を実施するなど、継続的な防災活動にも取り組んでいます。

同連合会の中村廣子会長は、「榎町地域は、地震ハザードマップでも危険度が高いとされています。顔が見える人と人とのつながりが、いざというときに大きな力になるはず。これからも、地域の『絆』で、まちの安全・安心を守っていきます」と話しています。

榎町地区町会連合会の取り組みpdf
閉じる