会議概要一覧

新宿町会連合会 定例理事会 会議概要

2012年6月定例理事会

出席者
四 谷: 大熊 宮内 松川 箪笥町: 大崎 甲野 奈須野 榎 町: 中村 松永 桐生
若松町: 大塚 露木 大久保: 大浦 吉田 戸 塚: 福本 原田 古沢
落合一: 前田 村上 落合二: 鈴木 森山 水岡 柏 木: 津田 日南田
西新宿: 秋田 佐々 平田 区役所: 小俣(代理) 司会進行: 津田副会長

司会進行(津田副会長)

会長あいさつ

皆さん、こんにちは。日ごろの地域活動ご苦労様でございます。本日もお忙しいところ定例会にご出席くださいまして、ありがとうございます。

今はちょうど季節の変わり目で、だんだんと蒸し暑さを感じるようになってきました。入梅も間もなくのようです。台風も近づいているようで、東京をかすめていくようです。

いつも言っていることですが、健康であってこそ地域の活動ができるということです。行政でも、健診のポスターを掲示板に貼っているほどですから、皆様も健康には十分注意していただきたいと思います。

本日は23年度の決算報告ならびに事業報告がございます。ご審議のほどよろしくお願いします。議事もたくさんあるようですので、進行についてご協力をお願いします。

最後に、西新宿地区の廣川会長から、地域のことについてのお願いもあるようです。やはり区町連では、団結して、できることは大いに応援していこうと思っています。いろいろ問題等ありましたら、この場に議題にあげていただければよろしいかと思います。

それでは、よろしくお願いします。

地域調整課長あいさつ

部長は第2回定例区議会の答弁調整のため欠席


  
地域調整課長:いつもたいへんお世話になっております。大崎会長からお話もありましたが、台風が近づいております。町会の皆さまとともに防災の関係にしっかりと取り組んでいきたいと思っています。
また、季節の変わり目でもありますので、各町会長の皆さまには健康に十分お気を付けいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

連絡事項

(1)役員変更

 

下記地区において、役員の変更がありました。

●西新宿地区

  旧役員 新役員
常任理事 廣川 貞雄 氏
(西新宿角三町会)
秋田 博 氏
(西新宿四丁目町会)
理 事 秋田 博 氏
(西新宿四丁目町会)
佐々 一郎 氏
(淀橋町会)
理 事 雨宮 司郎 氏
(西新宿商興会)
平田 裕己 氏
(新宿新都心開発協議会)

新役員の皆さんより、ご挨拶・自己紹介がありました。

行政等からの連絡

(1)実抜計画書策定のための特別研修会について

NPO法人 再チャレンジ東京 出井 理事
平林 事務局長

資料に基づいて説明がありました。

7月10日の研修会に理事の皆さんを無料招待いたします。ご希望の方はFAXで申し込んでください。また、別紙の自殺対策のDVDは無料で配布いたします。本日見本においていきますが、入用の方は資料にある連絡先へご連絡ください。

(2)東京電力からのお願いについて

東京電力(株)新宿支社 戸梶 支社長

資料に基づいて説明・お願いがありました。

家庭用電気料金を、7月1日より平均10.28%値上げすることに関する認可を、経済産業省に申請し現在審査中です。まだ、決定ではありません。また、街路灯に関しては、2割程度の値上げを予定しています。詳細を各地区町連にご説明に伺います。

  
前田常任理事
(落合第一地区):
節電を一生懸命したら値上げしなくていいのでしょうか。また、値上げをしたら節電しなくてもいいのでしょうか。
戸梶支社長: 皆さまに、ある程度、ご無理のない範囲で節電をしていただくという前提で、今年の夏は乗り切れると計画を立てています。それは、昨年より皆様に節電に大変ご協力いただき、浸透しているということで、それをもとに計画を立てています。節電前の22年度には6,000万キロワットを超えたわけですが、現在の供給力は5,770万キロワットですので、節電にご協力いただかないと乗り切れません。そういう意味での節電は是非していただきたいと思います。
電気料金に関しては、原子力が全部止まっているという前提で、火力発電に頼らなければいけないので、その燃料費がかかります。節電をしていただいても、7,000億円弱が賄いきれないということで、その分の値上げのお願いを申請したいということです。
前田常任理事
(落合第一地区):
節電をもっとしたら、値上げをしなくてもいいのでしょうか。値上げをうんとしたら、節電はしなくてもいいのかと思ったのですが。
戸梶支社長: 皆さまに今のある程度の節電をしていただいても、値上げをしていただかないと安定的にお売りできないということですので、節電をある程度していただくという前提で、それでも値上げをお願いせざるを得ないという状況でございます。
前田常任理事
(落合第一地区):
節電もしなさい、値上げもしますということですね。
戸梶支社長: 今の原子力が全部止まっている状態では、こういう状況になってしまったということでございます。申し訳ございません。
前田常任理事
(落合第一地区):
原子力が稼働したら値上げはしなくてすむのですか。
戸梶支社長: 実は、この資料にも載っておりますが、報道もされている通り、この値上げは、今年度は原子力がすべて止まっている前提ですが、来年度以降は徐々に原子力の再稼働を始めるという仮定で申請させていただいています。再稼働がなければ、実はもっと値上げになってしまうという現実です。申し訳ありません。
桐生理事
(榎町地区):
料金値上げの時に、昼間は高く、夜間は安く設定するという、スマートメーターの設置が話されていましたが、値上げ前に全家庭に設置するのは間に合わないと思いますが、これはどうするのでしょう。
戸梶支社長: 資料の中に、ピークシフトプランのご案内がありますが、こちらは現在のメーターで対応できる、ピーク時を避けて上手にシフトしてお使いいただくと電気料金を抑えることができるものです。スマートメーターは、まだ試験実施をしているところです。それをいずれは全家庭に付けて、結果的に電力の需要を抑制できるようにするには、かなり時間がかかりそうです。
森山理事
(落合第二地区):
先ほど、町会には個別に説明をと言っていましたが、どのような形で行われるのでしょうか。できるなら、町会の役員会に来てほしいのですが。
戸梶支社長: 各町会長様に連絡を取って、資料をお示ししながらご説明したいと思います。担当の小山までご連絡をいただければ、ご説明に伺います。
津田副会長: 区町連には10のブロックがありますので、それぞれの地区町連に来て、時間をかけて詳しくお話しいただくのがいいと思います。よろしくお願いいたします。

(3)第10回専門家集団による街頭無料相談会について

東京都社会保険労務士会 新宿支部 乗本 実行委員長

資料に基づいて説明がありました。
ポスターの掲出にご協力をお願いします。

(4)地球温暖化対策協力事業の依頼について
(1)新宿打ち水大作戦 (2)節電イベント (3)ライトダウンジャパン2012

木村 環境対策課長

資料に基づいて説明がありました。
今年もご協力をお願いします。

  
古沢理事
(戸塚地区):
打ち水は、暑い昼間に行うと、かえって蒸し暑く逆効果であるということを、強調して伝えてほしいと思います。
環境対策課長: その通りですので、夕方の3時過ぎ、涼しいころになってからということを強調していきたいと思います。

(5)新宿区リサイクル清掃審議会委員の推薦について
3R推進行動計画書の作成のお願いについて

本村 生活環境課長

資料に基づいて推薦依頼・説明がありました。
委員には、引き続き松永理事を推薦。

(6)新宿区景観まちづくり審議会委員の推薦依頼について

森 景観と地区計画課長

資料に基づいて推薦依頼がありました。
委員には、引き続き大浦副会長を推薦。

議事

(1)平成23年度区町連事業報告について

大熊 副会長

資料に基づいて報告がありました。

(2)平成23年度区町連会計決算報告について

決算報告…中村 会計
監査報告…原田 監事

拍手をもって承認されました。

(3)平成24年度区町連事業計画について

大熊 副会長

資料に基づいて説明がありました。

(4)平成24年度区町連予算案について

中村 会計

拍手をもって承認されました。

(5)区町連40周年記念事業案について

大崎 会長

資料に基づいて説明がありました。

拍手をもって承認されました。

その他

(1)都営角筈アパート跡地活用の提案について

西新宿角三町会 廣川 会長

資料に基づいて経過報告・協力依頼がありました。

  
廣川会長
(角三町会):
東京都に持って行っても、新宿区に持って行っても相手にしてもらえず、なかなか前に進まない現実です。この後どうしたらいいのか、行政も含め、多くの皆さんのお知恵を拝借したいのでよろしくお願いします。
  
大崎会長:廣川会長と事前にお話ししましたが、たいへん感心しました。平成18年から、地域と協力して一生懸命これだけのことをやっているというのは、たいへんすばらしいことと思いました。どうしても新宿区は財政的に無理だと言い、東京都は区がやるなら話にのりますよ、という返事だということです。皆さんからとったアンケートを見ますと、ほんとに切実な内容です。行政がだめなら民間にやらせたらどうかとも思いますが、20mの建築物の高さ制限もあり、なかなか民間は赤字を出してまでも事業はしません。
この地に生まれ育った人たちが、その地元にこのようなお年寄りや子供たちのための施設を作ろうと7年間も運動をしてきている訳です。そこで、我々にできることは何かと考えると、絆、仲間です。例えばわかりやすい例では署名運動をするとか、輪と団結の精神をもって、助け合っていくのが我々区町連です。皆さんからのご意見を聞きたくてここにいらした訳ですから、ではこうしたらどうか、とか、署名運動を区全体で行って行政と談判したらどうか、とか、ぜひ皆さんの知恵を拝借したいと思います。
近隣だけで署名運動をやるよりも幅広くここの皆さんにお願いして、区全体で行う方がより効果があるのではないでしょうか。
廣川会長
(角三町会):
まさにその通りで、地域だけでの署名運動では、東京都には通じないだろうと悩んでいました。また、署名運動をするとして、どこに誰がどのように出すのか。目的をあまり狭めてしまっては皆さんに受け入れてもらえませんので、またそのあたりもアンケートでもとらなくてはいけないかと思っていました。皆さんに署名運動をしていただけるとしたら、こんなに心強いことはありません。どうぞよろしくお願いいたします。
大崎会長: 期限はいつまででしょうか。
廣川会長
(角三町会):
平成26年8月で今の契約が切れます。あと2年3か月です。
大崎会長: では、それまでに皆さんで結束して、署名運動を行うということでどうでしょうか。文書は、また専門の方にお願いするとして。
奈須野理事
(箪笥地区):
この署名はどこへ持っていくものになるのでしょうか。今までにない施設となると、福祉なのかどの部署なのか。
大崎会長: 東京都に持っていくことになります。私は、直接局長に持って行ったらいいと思います。そこから副知事とか。
津田副会長: では、文書は廣川さんに用意していただいて、署名運動は行う・応援するということでよろしいでしょうか。
(拍手多数をもって承認)
津田副会長: では、24年12月までに提出するということでよろしくお願いいたします。
廣川会長
(角三町会):
ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

事務局からの連絡

  1. 7月の理事会
    日 時:7月3日(火)午後2時00分~
    場 所:本庁舎 5階 大会議室
    ※区長・副区長との懇談を予定しています。
  2. 8月の理事会
    休会となります。
  3. 9月の理事会
    日 時:9月4日(火)午後2時30分~
    場 所:若松地域センター
  4. 新春懇親会・40周年記念式典
    日 時:2月5日(火)午後6時00分~
    場 所:京王プラザホテル 5階 エミネンスホール
  5. 都町連常任理事会(5月)要旨
    ・消防庁より、地域住民による初期消火体制の向上について。
  6. 打ち水大作戦について
    ・先月承認をいただいたように、区町連としては、今年も暑い時間をさけて午後4時からということで、ポスターの掲示にもご協力をお願いいたします。

閉会のあいさつについて

  
津田副会長:先月もお話ししましたが、この閉会の挨拶をいつも私と大浦副会長担当していますが、せっかく10地区が集まっているので、毎月順番に、各地区の良かった話しや失敗した話を1つでも2つでも聞けたら有意義かと思います。町会の話だけではなく、消防団でも民生委員の話でも、何でもいいと思います。次回は四谷から始めたいと思いますがよろしいでしょうか。
(拍手多数をもって承認)
では、来月は四谷地区です。よろしくお願いします。

閉会あいさつ(大浦会長)

皆さん、今日は長時間お疲れ様でした。最後の角筈アパートの跡地問題ですが、議員は何をやっているのかと思いました。地域の住民は素人ですから、素人が都庁の大きなところに行っても話はわからないと思います。こんな時に行政と地域を結びつけるのが議員の仕事なのだと思います。

何はともあれ、去年の3.11の東日本大震災以来、日本国中が暗いニュースに悩まされていますけれど、この5月に入ってからは、大相撲ではモンゴルからやってきた旭天鵬が37歳8か月で初優勝しました。それから932年ぶりの金環日食、平安時代以来、全国の広い範囲で観ることができました。また、本当に日本の技術の粋を結集した東京スカイツリーが堂々と完成しました。その次には東京都が2020年のオリンピック招致の1次審査に合格しました。そして新潟県佐渡では、38年ぶりにトキの親子が舞ったと、おめでたい明るいニュースがいっぱいです。

今日は区町連の総会みたいなものですが、そのような明るいニュースの中、24年度も事業を進めていきたいと思います。

では、これで6月の新宿区町会連合会定例理事会を終了します。。