会議概要一覧

新宿町会連合会 定例理事会 会議概要

2009年3月定例理事会

出席者
四 谷:大熊 宮内 千代 箪笥町:大崎 妹尾 寺内 榎 町:中村 橋本 松本
若松町:大塚 露木 金田 大久保:大浦 岡本 山本 戸 塚:原田(一)原田(英)古沢
落合一:川俣 前田 落合二:鈴木 幾野 森山 柏 木:津田 谷頭
西新宿:秋田 五味 区役所:     

開会あいさつ(原田副会長)

みなさん、こんにちは。世の中、経済も、政治も混迷しておりますが、そんな時こそ地域の力で支えあっていかなければと思います。それでは3月の定例理事会を開催いたします。

会長あいさつ

みなさん、こんにちは。今日は特にお寒い中、ご出席いただきましてありがとうございます。今日はこれから、都心にも大雪が降るそうです。 日頃から各町会長・自治会長におかれましては、地域活動ほんとうにご苦労様でございます。

先ほど原田副会長がおっしゃったように、景気も経済もどん底の状況が続いていますが、先週、日本映画の「おくりびと」がアカデミー賞を受賞したと、久々に明るいニュースを聞くことができました。たまたま私の家の隣が葬儀屋でございまして、いろいろな意味で知識はあるつもりではございますが、世界の国々で日本独特の葬儀というものが関心を得たものだと思います。

さて、区議会の方では、21年度予算について活発な議論が交われているようです。今日は残念なことに、部長、課長はそちらの方へご出席とのことで、この場へはお見えになりません。

本日も行政からの大事なお話しがありますので、よろしくご審議のほうをお願いいたします。

また今日は、区町連活性化プロジェクトチームの代表で箪笥地区町連の浦上さんにおいでいただいています。今年度作成したパンフレットについて後ほどご説明いただきますのでよろしくお願いいたします。

行政等からの連絡

(1)東京マラソン2009開催に伴う交通規制等のお知らせについて

東京都生活文化スポーツ局スポーツ振興部
(東京マラソン事業担当) 小林 副参事

資料に基づき説明がありました。

(2)町会事務所に対する固定資産税・都市計画税の新たな減免制度について

東京都新宿都税事務所
山崎 固定資産税課長補佐兼固定資産税係長

資料に基づき説明がありました。

千代理事: 町会が、資産を持っている方にお願いするということですか。
山崎係長: 有償で町会に貸している方にご案内ください。
千代理事: 資産を持っている方が減免されて、町会には利益があるのでしょうか。
山崎係長: 資産を所有している方に税制面からバックアップしていこうという趣旨の制度です。町会さんは使用料を払ってらっしゃいますので、その面で交渉されればいかがでしょうか。
性の割合は、全国的にも新宿区も全体数としては、男性の方が多くなっています。しかし、新宿区では20歳代は男性より女性が多くなっています。
妹尾理事: 無償で貸している場合は減免だということを知らなかったのですが。
山崎係長: 有償で貸していても住宅としてのご利用の場合は、住宅の特例がありますので、かなり税金が安くなります。住宅としていないビル等を町会に貸す場合が今回の該当となります。
妹尾理事: 自宅の一部を町会事務所として使用しているような場合はどうなりますか。
山崎係長: その部分は明確にいつも事務所としてご利用してらっしゃって、ご自宅としては利用していないということでしょうか。そうでなければ該当にはなりませんが、住宅として利用されていらっしゃるので住宅の特例の対象になります。ご希望でしたら都税事務所にお問い合わせをいただければ調査に伺います。
大崎会長: 実際のところ町会長は自宅を使って町会の会合とかをしているわけですよ。東京都が町会を支援してくれるのであれば、それくらいのことを考えてくれないとおかしいんじゃないですか。帰ったら上の方に言ってください。町会長のみなさんが自分の住まいを開放してやっているんだから。それを町会のために始終空けておくということをするわけがないでしょ。自宅なんだから使うのは当たり前でしょ。町会が地域のためにやっていることを頭に入れて、いい意味で支援してもらったほうがどれだけ喜ばれるか。
山崎係長: ご意見をいただいたことを、上の者に申し伝えます。
原田(英)監事: 固定資産税を下げてもらうようにも話してください。
山崎係長: ご存知のとおり、固定資産税は3年に1回、評価替えをいたします。3年間は評価を変えないということです。平成21年は評価替えの年です。
千代理事: 所有者の方に対しての周知は何かやっていますか。
山崎係長: まだ特に何もしておりません。本日、新宿区町会連合会の理事のみなさんの前でご説明を申し上げている次第です。どうかみなさんから所有者の方に新しい制度についてお伝えいただければと思います。
千代理事: 東京都の新聞とかもあるのですから、掲載したらいかがですか。
山崎係長: 申し伝えます。

(3)平成20年度赤い羽根共同募金・歳末たすけあい運動の報告等について

新宿区社会福祉協議会 佐田事務局長

資料に基づき説明がありました。
今後、各地区町会連合会の会議で詳しくご説明をいたします。

千代理事: 昨年、地区町連の会議の席上でお願いをしたのですが、募金を持って行った際に掲示用の金額しか入っていない領収書はいただけるのですが、配分の入った報告書もいただきたいと思います。
佐田事務局長: 本日はご用意しておりませんが、4月以降の各地域にお伺いする際に、地域毎にどんな行事だとか地域団体に交付しましたというものを作っております。今のお話であれば四谷地域の部分を抽出して掲出ができるようなものを考えていきたいと思います。
千代理事: どういうふうに使われたかということの周知徹底のために、各地区町連あたり使い道がパーセントで表されているような大まかなもので結構ですので、掲示用にA4サイズでいただきたいと思います。

(4)定額給付金等対策室の設置について

峯岸 定額給付金等副参事
代理 総務部総務課 小沢 総務係長
仙田 定額給付金主査

資料に基づき説明がありました。
詳細につきましては、今後、「広報しんじゅく」や新宿区のホームページでお知らせしていきます。

議事

(1)区町連活性化PT編集『地縁いきいき』の活用について

浦上 活性化PT代表(箪笥町地区代表

資料に基づき説明がありました。
配布・活用方法につきましては、各地区町会連合会に一任するということで承認されました。

古沢理事: この『地縁いきいき』のパンフレット。イラストや写真などが入ってたいへんよくできているなと拝見いたしました。5ページの避難所のところで、みなさんはよくご存知だと思うのですが、これを配った時に“一時集合場所”、“避難所”、“避難場所”と違いがよくわからない方もいらっしゃるかもしれません。私が危惧しているのは、避難所というところはここに書いてあるように「家が倒壊・焼失したり、ライフラインが途絶し、自宅での生活ができなくなったとき」という意味と、もうひとつは「地域での生活支援及び救助の拠点である」という大事な機能のことを配布する際に一言添えていただければわかりやすいかなと思います。
活性化PT報告

(2)平成21年度『地域の底力再生事業助成』(東京都実施事業)について

事務局

資料に基づき説明がありました。
当面、各地区町会連合会で1事業の枠の中で審議するということで承認されました。

報告事項

(1) 新宿区オリンピック・パラリンピックムーブメント事業実行委員会について

中村 会計

2月5日に開催された「第1回 新宿区オリンピック・パラリンピックムーブメント事業実行委員会」について報告がありました。

中村会計からの報告

事務局からの連絡

  1. 4月の理事会
    日時:4月7日(火)午後2時~
    場所:区役所本庁舎5階 大会議室
  2. 5月の理事会
    日時:5月11日(月)午後2時~
    場所:区役所本庁舎5階 大会議室
  3. 6月の理事会
    日時:6月2日(火)午後2時~
    場所:区役所本庁舎5階 大会議室
  4. 『平成21年度 町会長・自治会長と区長との懇談会』の開催について
    日時:平成21年4月28日(火)午後6時~
    場所:京王プラザホテル 5階 『エミネンスホール』

閉会あいさつ(大浦副会長)

みなさん、たいへんお疲れ様でした。先ほど中村会計からお話しのありました、3月15日開催のイベント『東京オリンピック招致フェスタin新宿』についてですが、これは子供たちを対象に1000万円の予算を受けてコズミックセンターで開催されるわけです。子供たちを集めるのであったら、予算が1000万円もあるのだから、コズミックセンターに遠い落合地区にはバスを手配してくれと言ったのですが、アスリートや吉本興業に払う人件費に当てるからということでした。オリンピック選手には多額の税金が使われているのだから、還元という意味でもこういう招致イベントにはボランティアで参加してもらって、余ったお金でバスくらい手配してくれてもいいと思い発言したわけですが、どうもそうはいかないようです。

今日はこれから雪が降ってくるようですが、気温が上下しますので、体調には十分お気を付けいただきまして、また4月の桜の散った頃、元気にお会いしましょう。ありがとうございました。 。